大阪北新地で話題の「ホステス心得帖(こころえちょう)~おもてなしの条件~」

Pocket

 

高級クラブや料亭が並ぶ大人の社交場・北新地(大阪市北区)で、35年ぶりに「復刊」した「ホステス心得帖(こころえちょう)~おもてなしの条件~」が話題を呼んでいる。接客時の注意を記した冊子で,北新地社交料飲協会が加盟店のホステスの質向上をねらい配布したものである。
 
 

【ホステス心得帖、客に人気 「悪口や陰口を言うな」「約束した事は、必ず守ること。特に時間は厳守」 (朝日新聞)】
 
1:2016/02/22(月) 18:25:38.37 ID:
ホステス心得帖、客に人気 「悪口言うな」「時間厳守」 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000030-asahi-soci

 大阪・北新地の社交料飲協会がおもてなしの心得を説いた冊子「ホステス心得帖(ちょう)~おもてなしの条件」を35年ぶりに「復刊」した。
加盟店への配布が目的だったが、店を訪れる客からの反響が大きく、あっというまに3千部の配布が終了。新たに3千部を増刷しているという。

 〈他のお客様の悪口や陰口を言うな。聞いたお客様は、自分も言われると必ず思う〉

 〈約束した事は、どんな些細(ささい)な事でも必ず守ること。特に時間は厳重に守ること。気まぐれは厳禁〉

 計48ページ、名刺より一回り大きい冊子に、お客様との応対の仕方や飲み方、飲ませ方など、もてなしの心得が約100項目にわたって書かれている。

 北新地の飲食店約430店が加盟する北新地社交料飲協会が昨年11月に出版、3千部を加盟する店舗などに配布した。

 元にしたのは1980年、当時の協会理事長だった岡田一男さん(故人)が監修した「ホステスきっと心得帖」。
岡田さんは北新地を拠点に一時は全国に百数十店のクラブや飲食店を経営した伝説の経営者だ。

 当時はバブル景気前。増え続ける北新地の飲食店に、自身の接客ノウハウを伝えたいと書かれたものだという。

 その存在を知った協会常務理事の織田高央さん(47)が理事長の東司丘(としおか)興一さん(64)や副理事長の山名和枝さん(80)に相談、
文中の「朋輩(ほうばい)」を「同僚」にしたり、語尾を現代風にあらためたりして、35年ぶりに復刊した。

2:2016/02/22(月) 18:27:57.43 ID:
これは読んでみたい
5:2016/02/22(月) 18:31:00.52 ID:
ホステスにかぎらず汎用性があるだろ
13:2016/02/22(月) 18:38:19.62 ID:
>>1
>お客様の悪口や陰口を言うな
お前らはメクラか?しっかり読んで頭に入れとけ
朝日新聞
36:2016/02/22(月) 19:08:49.55 ID:
北新地料理社交組合

加盟している高級クラブと、加盟してない高級クラブ有るよな。。
加盟してない店にも配布してやれ。。

最近はママクラスでも、どうかな?と思う事が多々あるぞw

39:2016/02/22(月) 19:11:02.11 ID:
キャバでもスナックでも、客の愚痴言う女は多かったなあ
俺もネタにされると思って行かなくなったら、片端から潰れてた
40:2016/02/22(月) 19:14:02.06 ID:
時間に遅れる

「スイマセン、美容院が込んでいて、遅れました。。」

言い訳が画一過ぎるだろうw、

 もっとバリエーションを広げましょう!

41:2016/02/22(月) 19:16:48.39 ID:
書店に並べてくれたら買ったかも
44:2016/02/22(月) 19:30:57.56 ID:
約束や時間守ったり、人の悪口言わない様なできた奴はホステスなんかならないよ。
ルーズなダメ人間だからホステスになってんだよ。
49:2016/02/22(月) 20:08:17.20 ID:
>>1
まぁ、接客というのは「全ての関係者に対して礼節を以って接する」のが王道なんやけど、そこに”関係者の利用価値”に応じて「礼節の匙加減」を案配するのが客商売の妙味なわけよ。
この心得帖もそういうスタンスが根底にあることを踏まえて読むと、面白いやろうね。
 
 
【Twitterでの反応】
 

 

【管理人の感想】

 

これ、イイネ!

Pocket

コメントは受け付けていません。