あなたは大丈夫?スマホ依存の母たち。子どもに与えるスマホの影響とは!?

Pocket

「スマホがないと生きていけない。」そんな人は今どれくらいいるのだろうか。
すでにアマゾン奥地でもスマホや携帯が流通している現代。
子育てそっちのけ?でスマホ依存ママも多い。これを読んで私のこと?と思った方。ぜひ読んでいただきたい。

スマホ依存ママ

子どもがいる25~45歳の既婚女性300名に、子どもの目の前でスマホを操作するシーンを尋ねてみると、29.9%が選び2位になったのは、「1人で楽しむために“スマホゲーム”をする」だった。

なんと、3人に1人もの母親が、子どもの目の前で“1人で”ゲームをしているのが実情。
スマホ夢中

本来はコミュニケーションツールであるはずのスマホが、親子のコミュニケーションの障害になっている点も指摘されている。

母親が無言でスマホに没頭しているシーンを見て育った子どもは、将来“スマホ依存”になる危険性も高い。
他人とのコミュニケーション能力にも障害が出るのではないだろうか。

さらに、27.5%のママは「1人で楽しむために“アプリ・Webサイト”を閲覧する」と回答。

そして、22.5%は「1人で楽しむために“SNS”を利用する」と回答。

つまり、およそ4人に1人の母親は子どもの前でスマホでWeb閲覧を楽しみ、5人に1人はSNSも開いているのが実情のよう。

人間は育った環境で性格が形成される。
好きなこと。嫌いなこと。食べ物から考え方。はたまたお金の使い方まで親によって作られたものになるのである。よっぽどのことがない限り、自分のミニチュアができる。

子どもよりもスマホ遊びの母親

さらに、「1人で楽しむために“動画・写真・音楽”を視聴する」というママも20.4%に。

別の質問で、「育児中、あなたはどんな時にお子様へスマホを渡していましたか?」と聞いてみると、最も多かった回答は「1人で遊んでもらいたい時」が26.3%、その次が「ぐずっている時」で25.5%となったことから、スマホを活用して育児をしているママもかなりの数にのぼっている実態が。

便利な世の中である分、大切なものが見えなくなってしまいがち。
どんな子どもに育ってほしいか。
「消費」(自分のため)、ではなく「投資」(子どものため)になっているかを考えて行動すると
将来人のために行動できる子どもになるかもしれない。

Pocket

コメントは受け付けていません。