ドザエモンってなに?ドラえもんはネコ型ロボット。違いは?水死体が膨らむお話。

Pocket

「ドザエモン」と聞くとドラえもんに出てくるキャラクターと思い込んでる人がいても不思議じゃないニュアンスですよね。

でも実は「ドザエモン」と「ドラえもん」とは全く違うものなんです。

こちらはみなさん子供から大人まで一度は欲しいと思ったことのある四次元ポケット付きのドラえもん。

images

おなじみ22世紀の未来からやってきたネコ型ロボットです。


 ドザエモンは?

ドザエモンとは水死体や溺死者のことを言います。

ときどき、刑事ドラマや時代劇でこのような表現が使われていますね。

水死してある程度経つと死体が腐敗し、加えて水分を吸って膨れ上がる。

その膨れ上がった体と死して青ざめた肌が江戸時代の相撲取り「成瀬川土左衛門」(なるせがわ どざえもん)に似ていたため、水死体のことを「どざえもん」と言うようになったといわれています。

水死体はなぜ膨張する?

水死体はいったん水に沈みます。

その後、胃酸や消化液が、胃腸そのものを消化していくことで体内より腐敗ガスが発生し、腹部辺りから段々と全身が淡青藍色に変化します。

そして体内に充満した腐敗ガスによって全身が生前の二倍以上まで膨張するんですね。

ドラマなどで見る水死体とはとうていかけ離れいてるということでしょう。

この水死体に例えられた「どざえもんさん」。

気の毒にも思えますが・・・最後はそんな「どざえもん」さんのプロフィールをまとめました。



成瀬川土左衛門(どざえもん) 

成瀬川土左衛門

(画像はイメージです)

生年不詳
江戸時代の大相撲の力士。
水死体の俗称「土左衛門」の語源とされる。
南部(現宮城県加美郡加美町)の出身。
南部相撲の力士と推測される。
山東京伝の『近世奇跡考』や『睡余小録』下では享保9年午6月(1724年)の深川八幡社勧進相撲の番附は東前頭筆頭であった。
延享5年6月6日(1748年)に死去。
墓は江戸深川の霊巌寺にある。
山東京伝『近世奇跡考』巻1によると、土左衛門はその容貌を理由に名を水死体のたとえに使われるようになったという。

「どざえもん」にお会いしたときは放置せずすぐに警察に届けましょう。あなたの前に現れたのなら助けて欲しいというサインだともいうそうです。

Pocket

コメントは受け付けていません。