フィギュアGPシリーズ、浅田真央、復帰戦で優勝!本郷2位!日本女子ワンツー

Pocket

女子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)首位だった浅田真央(25)=中京大=はフリーで125・75点にとどまり3位だったが、合計197・48点で優勝した。昨季の休養を経て、GPシリーズ復帰戦でGP通算15勝目(ファイナル4勝含む)、日本選手最多を更新。GPシリーズでの出場8連勝を飾った。

asada-mao GP

  浅田真央「少し悔いが残る」
優勝した浅田真央選手は、「結果は結果でグランプリファイナルにつながるのでよかった。自分の演技を考えるとアクセルジャンプだけではないので、まだまだやらないといけないことがある。満足はできてないし少し悔いが残る」「きょうの演技には満足していない。フリーはまだまだ課題があると感じたが、GPファイナルへ向けては一歩を踏み出せた。次の試合へ向けて時間は少ないが、フリーを中心に練習したいと感じた」と話していた。

SP2位の本郷理華(19)=邦和スポーツランド=はフリーでトップの129・97点をマーク、合計195・76点と、ともに自己ベストを出して2位だった。

hongo-risa GP

 本郷理華「次につながる演技できた」
2位に入った本郷理華選手は、「自分ができることは出せたのでうれしい。フリーでは、自分が取ったことのない点数だった。ジャンプは、細かいところは直さないといけないが、自信になり、次につながる演技ができた。思ったよりいい成績でグランプリファイナルに行ける可能性が広がったと思う」「自分ができることは出せたと思う。楽しく滑ることができた。順位、点数は今の力では満足してもいい。やらなきゃいけないことはたくさんあるので、もっと頑張らないといけない」と話していた。

二人の滑りを見てみよう

フィギュアスケートで2シーズンぶりに復帰した女子シングルの浅田真央選手が、グランプリシリーズの初戦として出場した中国大会で優勝した事はとても喜ばしい。
前半のショートプログラムで70点台の高得点をマークしてトップに立った浅田選手は、7日、女子シングル後半のフリーに臨んだ。
浅田選手は、冒頭のトリプルアクセル=3回転半を完ぺきに成功させたが、このあとの連続ジャンプで転倒するなどミスが重なるも、スピンやステップで高い評価を受け、結果は、125.75でフリーでは3位だったが、合計得点は197.48で、グランプリシリーズの初戦となった大会で見事優勝を果たした。
次のグランプリシリーズは、11月27日からのNHK杯に出場する予定だ。

また、ショートプログラムで2位につけていた19歳の本郷理華選手は、冒頭の3回転の連続ジャンプを成功させたほか、後半でも連続ジャンプを決めるなどフリーでは、自己ベストとなる129.97をマークしてトップに立ち、合計では195.76で2位に入りました。

本郷選手の滑りはコチラからご覧下さい↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27531810

次の活躍も期待したい。

Pocket

コメントは受け付けていません。