高齢者の視聴率集め!?今年の紅白はみどころなし?若手西内まりや、モモクロは落選

Pocket

11月26日、今年を締めくくる「第66回NHK紅白歌合戦」の司会者と出場者が発表された。白組は近藤真彦が19年ぶりに出場するなどジャニーズ事務所から7組、さらにロックバンドのX JAPANも18年ぶりの出場を決めた。紅組は今井美樹、さらにはNOKKOがボーカルのレベッカなど懐かしい名前が並んだ。

古株アーティスト続出

紅白らしい華やかな顔ぶれだが、首をかしげる意見もある。kouhaku

「一時、司会をタモリにして、その交友関係から井上陽水を引っ張り出すのではと報道された段階と比べると、小さくまとまってしまったという印象です。視聴者を呼び込むサプライズが見当たりません」(レコード会社関係者)

落選アーティストも多い。

3年連続出場していたアイドルグループ「ももいろクローバーZ」は“落選”となった。

紅白落選に「モノノフ」と呼ばれるファンも落胆の色を隠せなかったが、それにも増して衝撃だったのが出場者発表直前に公式サイト上で発表された「ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します」との紅白卒業宣言だった。

今年急激にメディア出演し初出場が期待されていたモデル・女優・歌手として活躍する西内まりやは惜しくも落選した。
同日21時頃、自身のTwitterを更新し「紅白ダメだった…ごめんね」とファンに報告。「でも悔しいね!でも望みすぎ?」と率直な心境を吐露しながら、「一歩一歩。曲沢山作って増やすから!!まずはLIVEをやろう!」と前向きに結んでいる。

若者のテレビ離れもあるが高齢化社会となっているのにも関係しているようだ。
懐かしいと思わせる顔ぶれは30代後半以降の家で見るであろう層の視聴率を狙っているともいえる。

NHKにとって気になる要素はほかにもある。
「過去5年、紅白に次ぐ視聴率を獲得し、風物詩として定着している『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の特番は、大晦日放送としては記念すべき10回目。

また、昨年は『ワンピース』の映画を流すという“試合放棄”に走ったフジテレビが、

今年は格闘技番組を復活させます。

同じく格闘技番組を放送するTBSと食い合いになるかもしれませんが、あなどれないコンテンツです」(週刊誌記者)
昨年は42.2%(21時〜23時45分)の視聴率だった紅白。今年は40%割れも!?

 

Pocket

コメントは受け付けていません。