紅白総合司会黒柳徹子の美しすぎる画像入手!べしゃり伝説がすごい!たまねぎ頭の秘密。

Pocket

大みそかに放送される「第66回 NHK紅白歌合戦」(総合、後7・15)の司会者が26日、発表された。黒柳徹子(82)が有働由美子アナウンサー(46)とともに総合司会に決定。黒柳は83年まで過去5回紅組司会を務めたが、総合は初めて。最年長総合司会となる。また紅組司会は綾瀬はるか(30)、白組司会はV6・井ノ原快彦(39)が務める。

黒柳徹子は最年少紅白司会者

kuroyanagitetsuko有働アナの「紅組、白組の司会者発表です」という“開会宣言”後、金色のカーテンがあくと、綾瀬、井ノ原が登場。黒柳はVTRで登場し、「総合司会の黒柳徹子です。(総合司会は)先ほど聞いたばかり。少なくともいのっちさんと綾瀬さんが、楽しくいくように、年の功で何とかしようと思っています」と笑わせ、「私は57年前に最年少で司会をしています。今度は最年長での司会。元気にやりたいと思っています」と明るく抱負を語った。

今回の黒柳の起用について、NHKは「特別に総合司会の1人としてお迎えした」とスペシャルな人選をアピール。黒柳は第9回、第31~34回まで紅組の司会を過去5回務めたが総合司会は初。また昨年の紅白でもゲスト審査員を務めるなど縁は深い。

若かりし徹子とたまねぎ頭の謎

こちらはまさかの若いときの黒柳徹子さん。
キュートでキレイです。時代は変わっても美しさの基準は変わらないものでしょうか。
kuroyanagitetsuko

当たり前すぎて、なぜだろう?とさえ思わなかった黒柳徹子さんの髪型。
”たまねぎ頭”いつも、どこでも、”たまねぎ頭” です!

1978年1月に放送開始された、ザ・ベストテンこのころには ”たまねぎ頭” が定番に30年以上前から、髪型もな~んにも変わらない、徹子さん。

<< たまねぎ頭!誕生 >>

たまねぎ頭を考案したのは、ヘアスタイリストの須賀勇介さん!
日米で活躍したヘアスタイリストニューヨークにいるときに考え、”たまねぎ頭”と名づけたのは、久米宏さん!テレビ放送「ザ・ベストテン」の時です。

<< たまねぎ頭の理由 >>

徹子さんいわく、司会業はうしろ姿ばかり映されるのだとか。歌手やゲストのみなさんとの会話の中で、「うなずく姿」がよ~く見え、視聴者のみなさまに、より分かりやすいのが、この ”たまねぎ頭” だ・か・ら!

<< 地毛、かつら疑惑 >>

”たまねぎ頭” ぜ~んぶ地毛で出来ているのでしょうか?不思議じゃない? あのボリュームですし、御歳81歳ですし。これが82歳なのに、なんとほぼ地毛なんだそう。

前髪だけ、ウィッグ(かつら)らしい。
前髪ウィッグの理由も、パッツン前髪をメンテナンスするのが大変だから
毛はありすぎなようだ!

”たまねぎ頭” をポケット、小物入れとして使っている徹子さん
有名なのは「あめちゃん」ですね!3個は入ってます!
「心が清らかな人」にあげるそうです。

徹子さんがお元気なのはいつも相手にとってのサプライズは考えているからなのかもしれません。

Pocket

コメントは受け付けていません。