雨上がり宮迫「離婚の危機」!「もう別れます」と妻に宣言。電話にでず。

Pocket

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(45)が数年前の浮気報道が原因で深刻な離婚危機に陥ったことを告白した。恐妻家で知られる宮迫だが、「もう別れます」と妻に宣言し、20日間、妻からの電話にも出なかったという。

浮気疑惑についてのトーク

宮迫は「オレはもう、何回も撮られてるからね。2週連続もあった。一番ひどい時はホンマ、離婚の危機やった」と振り返った。

miyasako「2週連続」というのは2011年1月末と2月上旬、2週にわたり写真週刊誌「フライデー」で浮気疑惑を報じられたこと。“元タレントの女性(当時22歳)宅からの朝帰り”、翌週に“博多で美女と合コン”との内容だった。

宮迫は「そん時、ちょうど(嫁と子供が)実家に帰ってて。『記事もデタラメやし』と(嫁に)説明した」にもかかわらず、妻が「道も歩かれへんわ!」とすさまじい剣幕で怒ったことから、「もういいです、もう別れます!」と宣言。離婚を決意し、妻から何度も電話がかかってきたものの、「20日間、一切電話出なかった」ことを明かした。

それでも、仲直りしたのは、子供のおかげだった。「パパ電話出て~、電話出て~パパ」と妻が子供に電話をさせてきたことがきっかけで「申し訳ない」(宮迫)、「言い過ぎた」(妻)と歩み寄ったという。

宮迫は「ホンマ、離婚の危機やった」としみじみ明かしていた。

記事が事実でなければ宮迫の気持ちを察するが、奥様も毎週撮られるとなると不信になるのもおかしくない。
芸能人の嫁はメンタルが強くないと大変である。

宮迫と鬼嫁との言われるエピソード


miyasako-yome

1996年(26歳頃)に結婚。元バレリーナの噂あり。
嫁は宮迫の2歳年上で、始めて出会ったのが宮迫博之さんが19歳で嫁さんが21歳の時。

嫁「結婚するか、一生会わないか、どっちか選んで」
仕事もなく落ち込んでいた宮迫は「うん」
鬼嫁エーソードは数知れずあるが、実は円満な2人。

胃がんのことを報道で知られる前に、少しでもショックを和らげようと直接息子に打ち明けた宮迫。泣かれることを覚悟していたが、返って来た言葉は「大丈夫。パパは絶対に大丈夫な人やから。すごい人やから大丈夫」。宮迫はこの時、「こいつのためにも治さなあかん」と固く決意したのだという。

嫁はストレスをためやすいタイプで、定期的に実家に帰っているが
宮迫は寂しくて毎日電話するほど。

危機を乗り越えてさらに強固な絆になっていくんでしょうね。
ステキなご夫婦です。

Pocket

コメントは受け付けていません。