深イイ話に話題の女子高生社長、椎木里佳の年収は!?父・椎木隆太の手腕がスゴい!売れる会社にする極意!?

Pocket

深イイ話に“日本一カワイイ起業家女子高生”、椎木里佳が出演する。
現在、高校3年生にして株式会社AMFの代表取締役を務め、昼間は学校、
夕方からは10代のカリスマ女子高生社長として、2つの顔をもつ。

椎木里佳の起業家への道のり

shiikirika

椎木里香は中学1年のときに3つの夢を持っていた。

・映画監督になる
・芸能事務所を立ち上げる
・ヒットアプリを開発する

父・椎木隆太に相談したところ「僕だったら起業する」と言われ、退屈な学生生活を過ごすうちに何も挑戦しないのはもったいないと考えるようになったという。
13歳のクリスマス。父親の知り合いの司法書士に「会社やります」と宣言。
自身のブログとツイッターに今後自分が何をしていきたいのかを書き綴ったところ、ネット上で批判スレが立ち上がる。
椎木里香は「自分は人の心を動かせる力がある」ことに気づき。会社立ち上げを加速させた。

現在はさぞかし裕福な生活をしているかと思いきや、実は月のお小遣いは15000円という堅実派な面も。
稼いだお金は会社の資本に回し、少しでも会社の規模を大きくしたいと
稼いだ給料は全て会社に投資中。

父・椎木隆太の経歴

shiikiryuta慶應義塾大学卒業後、ソニーに入社。ハノイ支社長歴任後、退職し2001年に映像コンテンツを制作するパサニアという有限会社を設立。さらにこの会社が制作したアニメやCMなどがクオリティが高いと話題となり現在は株式会社ディーエルーイーに商号を変更。資本金7億円を突破する中堅企へと成長している。

椎木隆太はディーエルーイーの代表取締役を務めており、2015年6月に東京ガールズコレクションの商標を8億円で買い取るという大胆不敵なビジネスが話題となった。

椎木里佳、中学時代は彼氏をとっかえひっかえ

「サンデー・ジャポン」では「男をたらしてたので、中学時代」と発言している。
田中が「モテモテだったんだ」と相槌をうつと、椎木は「(中学時代)モテてたんです」と認める。
中学時代は花束をもって家に訪ねてくる男性もいたと明かし
「月1」で彼氏をとっかえひっかえしていたことや、彼氏は中学校の同級生たちだったと打ち明けていった。

そんな女子高生社長を陰ながら支えているのが、同じく会社を経営している父の存在。
現在、思春期特有の「えげつない反抗期」中のため、
パパ社長に対して娘社長の風当たりは強く、パパ社長は無視されてばかり。

今話題の起業家女子高生!今夜の深イイ話、楽しみです。

Pocket

コメントは受け付けていません。