結婚しない男たち。「生涯未婚率」2035年に29%に。結婚しない方が気楽?

Pocket

人口減少社会の課題が、2015年の厚生労働白書で指摘された。
27日に発表された白書では、50歳の時点で一度も結婚したことのない人の割合を示す「生涯未婚率」は、現在は、男性が20.1%、女性が10.6%だが、2035年には、男性は29.0%、女性は、19.2%と予測されている。
厚労省は、「これまでの未婚化、晩婚化の流れが変わらなければ、さらに上昇する」と指摘している。

現状40代男性の未婚者は4人に1人

バツなしの独身者というと
「何か重大な欠陥でもあるの?」
「それだけの容姿と経済力と包容力があって独身なのは、遊び人なの?」

という勝手な妄想をしてしまいがちです・・。

いわゆる「問題アリ」とみられる可能性が高いということです。

mikon平成22年度の国勢調査では、40~44歳の独身男性で5年後に結婚できたのは僅か1.8%しかいなかったそうです。
これは、ほぼゼロ?に近いですよね。

大手ネット専門のお見合い会社によると、相手の検索条件を絞る時、『年代』の項目で『40代』からチェックを外す女性がほとんどなのだとか。
40代も対象に入れる女性は『年収』の項目で『800万円以上』にチェックするなど、経済力を求めている方が多いと明かしています。

世間的に、経済力がある40代独身男性だと「仕事に打ち込んでいたから縁がなかったのかな?」と思われ、
それ以外だと「何か問題があるのでは?」という見方をされているということですよね。

実際に40代独身男性と出会った経験のある女性の本音がネット上にありました。

「マザコンだった」
「ナルシストだった」
「経済観念がない」
「自分中心のわがまま男だった」

結婚しない理由

・すぐにでも結婚したいがいい人がいない
・仕事が忙しすぎて恋愛をしている暇がない
・理想が高く運命的な出逢いを求めている
・結婚しなくても生活面(家事)で不自由しない
・過去に仕事に打ち込み過ぎて結婚のタイミングを逃がした
・本気で結婚してもしなくてもいいと思っている
・一人で自由に時間を使いたい
・相手の人生を背負いたくない(責任を取りたくない)
・過去の恋愛で手痛い目に会い女性恐怖症になった
・経済的理由

未婚化の問題点

1つには少子化の問題があります。ほとんどの場合、子産みの前庭条件が結婚ということになるからです。
少子化傾向が進むと、日本の経済を支える労働力が不足するのは必至です。子供の出生数は総人口を上回るペースで激減しているので、将来的に少ない労働人口で多くの高齢者を支えることになります。

すでに医療費は54兆円。国費の半分は使われています。
このままでは日本がどうなるのか・・・
・病院のベッドは常に飽和状態
・救急車が来なくなる
・道に老人が倒れている

こんな時代がすぐそばまできています。
芸能人の結婚ラッシュに便乗する流れになるといいのですが。

Pocket

コメントは受け付けていません。