北島三郎、人生最大の感動。菊花賞を獲ったキタサンブラック。 観客5万人が、お祭り騒ぎ。

Pocket

3歳クラシックの最終戦、第76回GI菊花賞が25日、京都競馬場3000メートル芝を舞台に争われ、北村宏司騎乗の5番人気キタサンブラック(牡3=栗東・清水久厩舎、父ブラックタイド)が優勝。道中5番手からギリギリまで追い出しを我慢し、最後の直線で満を持して抜け出すと、迫る後続を振り切り最後の一冠を手中にした。良馬場の勝ちタイムは3分3秒9。
ktasanblack
キタサンブラックは今回の勝利で7戦5勝。重賞は2015年GIIスプリングステークス、同GIIセントライト記念に続く3勝目、GIは初勝利。騎乗した北村は菊花賞初勝利、同馬を管理する清水久詞調教師は開業7年目にしてGI初勝利となった。また、同馬のオーナーである(有)大野商事の北島三郎さんも、これがうれしいGI初勝利となった。

kitazima-saburo-banushi

公約とおり、レース後に『まつり』熱唱

秋晴れの淀に、サブちゃんこと北島さんの歓喜の歌声が高らかに響き渡った。「GIという舞台で歌うなんて失礼だとは思ったんだけど、“勝ったら歌うよ!”と公約したからにはね」と北島さん。

5万人の観客にとっても、競馬界の歴史の中で、忘れられない1ページになったに違いない。それは、スタンドからの大歓声と拍手が物語っていた。

サブちゃん、人生で最大の感動

記者会見で北島三郎は、
「言葉では言い表せないくらいの感動です。うれしさと、何かこみ上げてくるものがありますね。昭和38年から競馬が好きでお馬を持たせていただいて、こういう立派な賞までいただきました。まもなく80歳を迎える私には、生まれて初めてこんな感動した日はありません。幸せいっぱいです」と語り、ゴールに入ったと同時にバンザイの拳を振り上げ、そして「泣きました」、ほろりと涙が出たという。
日本一の演歌歌手の心をそれほどまでに震わせたキタサンブラックと北村の走り。イの一番の勝因として挙げたのは、オーナー、調教師ともに北村の“腕”だった。

サブちゃんも惚れた! 北村が最高の騎乗

kitazima-kitamura

1周目の道中は、8枠から勢いよく先手を取りに来たスピリッツミノル、リアファルを行かせて5番手の位置。惨敗に終わったダービーのように仕掛けてポジションを取りに行かず、自然体のままでの位置取りだった。

北島「北村君が最高にうまい乗り方をしてくれました。私も今日はスーツでビシッと決めてきたんだけどね、馬に乗った北村君の横に並ぶと負けちゃうね(笑)」

サブちゃんが完敗を認めるほどに、北村の騎乗は最高だった。

競馬界のスター街道へ

この北島さんからの期待を胸に、これからも一直線に競馬界のスター街道を突っ走るのみ。そして、淀3000メートルという長丁場を制したことで、もう誰も母父サクラバクシンオーに由来する距離不安を唱える者はいない。今後のレース選択肢はグッと広がった。注目の次走に関して、清水調教師はこう話している。

「具体的なレースは未定です。ただ、香港もありますし、暮れに関しては中山コースも合いますからね」

キタサンブラックの次走は、有馬記念か香港国際レースになる模様。
この強さなら、グランプリでも海外のGIでも「お祭り騒ぎ」にしてしまいそうだ。

Pocket

コメントは受け付けていません。