整形した芸能人にご注意!子どもでバレる。劣化とともにくる恐怖。菜々緒とマツコの例え。

Pocket

韓国の整形が当たり前文化が日本にも上陸し、プチ整形はたまた、ガッツリ整形はもはやフツウのこととなっている。もちろん芸能人にも多く、以前の写真と比べると工事後なのがあきらかだ。
整形を秘密にする場合、気を付けなければいけない。

整形しても遺伝子は変わらない

seikei

ここに親子5人の微笑ましい姿を捉えた1枚の写真がある。両親は目は大きく鼻筋も通った美形だが、子供3人はどちらに似ても似つかない……インターネット上では非常に有名な写真であるため、目にしたことがある方も多いのではないだろうか。

整形しても遺伝子までは変えられない。子どもはもちろん自分の元の顔で生まれる。

コンプレックスを隠すために整形したのに、子どもの顔を見るたび思いだされる。
整形したことが夫や周囲にバレないか不安に押しつぶされる。
すべてを失うかもしれない恐怖が日常となる。

整形の見分け方

nanao

画像は美しい菜々緒さんのお顔を昔の写真と比較。

バレないことの方が多いが、バレるとしたらいくつかのパターンがある。
整形大国として有名なお隣の国韓国では、『二重にした人は目の筋肉を上手く動かせない』といわれている。
特に笑っているときなどには、顔が笑っていても目の周りの筋肉がうまく動かせないようだ。

また、『蒙古ひだが被っているくっきり二重は整形』という意見もあります。蒙古ひだとは、目頭の部分を覆うピンク色の上まぶたのひだのことで、西洋人には見られず日本人特有のもの。

他には、『目尻より目頭の方が幅広になっている』や『泣いていてとんでもなく目が腫れているのにくっきり線が残っている』などが挙げられる。

マツコデラックス曰く「そんなに鼻の高い女も、目のデカい女もいないわよ、日本人には。メイクをオフしてもバカでかい目だったら疑ったほうがいいわね。目頭切開して二重にしてたりするわよ…目頭!目頭!やりすぎちゃってるヤツはね、ここ、粘膜出ちゃってるからね」だそう。

隣の彼女をよく見てみてください。
もしかしたら整形してるかも・・・よ?

Pocket

コメントは受け付けていません。